offshore trivia

(著者注:2017年11月19日にあれこれ加筆修正しました。まずは書いてそれから加筆修正する、と言う方がよりたくさん書けるような気がしたので遅筆な私にとって良いような気がして実践して見ました。)

この間某ヘッジファンド関連 ...

offshore trivia

ETFやbitcoin の話を書いていると、どうも興味を持ってもらえることが多いようで、この数週間であれこれお仕事のオファーを頂いたりしていて本当に感謝です、というのもあるのですが、その陰に隠れて、当の本人は絶対に匿名でかつ内緒にして欲しい ...

offshore trivia

こんなべたなことがあったとは到底思わないけど でもねぇ。。。sigh

最近、「わが社に新人が入った時に(本ブログを)読ませるようにしています。」と、言って頂くことがあり、ちょっと内容以上に文調(と誤字脱字)に慎重にならねば、なんて思って書くペースが遅くなってます。ごめんなさい。

さて、いきな ...

offshore trivia

白木さん、3年間の会長職お疲れ様でした。

このブログを読んで頂いている方の半分は多分ご存知のことと思いますが、このブログの筆者は世界的なヘッジファンドの業界団体、Alternative Investment Management Association (AIMA) の日本で ...

スポンサーリンク

offshore trivia

投資家さんを集めるのってこんなに和気藹々ではないのですが

本来ならば、「パナマ・ペーパー」のことを書くのが本来のブログの目的であるオフショアの金融事情をご紹介するところですので自然なこと、なのですが、 当然のことながらレポートそのものを読んでいませんし、内容の意味もよくわからずに無駄に大騒ぎ ...

offshore trivia

扉の向こうに待つものは?

金融商品取引法(以下、略して「金商法」と参照するかもしれません。って、契約書みたい。。。)といえば、日本における金融商品取引の要、と言える法律であり、これに沿って日本の金融行政が動いているわけですが、行政の思惑と、プレイヤーの希望とが常に一 ...

offshore trivia

CRS テンプレートが既に出来ているので白紙に自由に書けるわけではないですが。。。

この12月になって、ケイマン諸島の法律事務所からのニュースレターでこのトピックしか取り扱わない、というくらいこのところホットな出来事、といえば、表題にある CRS (Common Reporting Standards)。いつぞやの某諸般の ...

offshore trivia

投資家さんを集めるのってこんなに和気藹々ではないのですが

恥ずかしいことを一つ。
つい最近まで、拡大少人数私募のプロ投資家の人数制限が250人のままだった、と思い込んでいました(苦笑)多分2007年以降にちゃんと拡大少人数私募を立ち上げていた人ならば、突っ込むところがあれこれある知識だと言 ...

新着記事

ファンドの世界でのパスポートって?お金が旅する為に必要なの?

Asia Region Fund Passport – アジア地域ファンド・パスポートが本格始動する、らしいけど

NISAのネタを書いて、普通ならすんなりiDeCo の話を書いて、そのあとにそん ...

NISAって何ですか?

[投資のコストと効果] NISAを使った株式関連投資のメリットとデメリットを改めて考える

気づいたらずいぶん前の記事になってしまっていた ETF(というかファンドに投資す ...

Say something more on ICO: もう少し勉強してみて思う、リパッケージ商品との類似性とETFとの相違点

前回の記事でICOってさー、なんて書いちゃった訳ですが、その後色々とお話をする機 ...

Say something on cryptcurrency: ICOって儲かるの?

(著者注:2017年11月19日にあれこれ加筆修正しました。まずは書いてそれから ...

Further on ETF: 指定参加者以外のマーケット・メイカーや大口投資家にとってのETFのメリットとは?

さて、気づいたら ETF関連のネタでこれだけのことを書けるなんて当初思いもしなか ...

スポンサー広告